What is CASHLESS!!

交通系ICカードのキャッシュレス決済としての特徴

事前チャージ型の乗車券です。SuicaやPASMOなどです。鉄道やバスなどの乗車券代わりに利用することができるだけでなく、残高を使ってお買い物をすることもできます。

キャッシュレス丸わかりガイド

sss

交通系ICカードのキャッシュレス決済としての特徴

支払のタイミング 事前払い(プリペイド)
予めカードにチャージした範囲で決済可能。なお、チャージ可能な金額は2万円上限
支払の方法 専用端末にタッチをして支払(改札も同様)
支払が可能なお店

交通系ICカード加盟店
主要なICカードは相互利用が可能となっており、改札ならびにショッピングでも相互利用可能となっています。

相互利用対応ICカード
Suica、PASMO、Kitaca、toica、manaca、ICOCA、PiTaPa、SUGOCA、はやかけん、nimoca

年会費 無料だが、カード発行時に500円のデポジット(保証金)が必要
(モバイルSuicaやクレジットカード一体型の場合はデポジット不要)
実店舗での決済
ネット取引での決済 ×
審査 原則なし
※クレジットカード一体型の場合、カードの審査はあります
年齢制限 ありません。
小児運賃で利用できる人は事前登録をしておくことで小児料金で利用できます
ユーザー還元 各交通系ICカードによってポイント還元をおこなうものもある
不正利用時の対応 記名式(名前を登録しているのも)については、利用を停止でき、停止時点の残高が保護される
紛失時の対応 記名式(名前を登録しているのも)については、利用を停止でき、停止時点の残高が保護される
その他  

このようになっています。

交通系ICカードは主に、電車やバスへの乗車+αとして加盟店でのショッピングにチャージ済みの残高(SF残高)を使えます。ショッピング機能はおまけに近いです。

他のキャッシュレス決済と比較してデメリットだといえそうな点は

  • チャージ上限がある(2万円)
  • 紛失や不正利用による保証の範囲が限定的

交通系ICカードはあくまでも乗車券の一種という扱いで、上限額が低く、紛失時も停止するまでに使われてしまった分は補償されないという点が痛いです。そのため、多額の金額をチャージしておくのは推奨されません。

乗車時は良いですが、ショッピングとして使う場合には、少し考え物ですね。

 

aa