キャッシュレス丸わかりガイド>キャッシュレスの基礎知識

What is CASHLESS!!

キャッシュレスとは何か?キャッシュレスの基礎知識

キャッシュレスの基礎知識では、そもそもキャッシュレスって何よ??という方のために、キャッシュレス決済の“基本のき”を紹介していきます。一通り読んでいただければキャッシュレスというものが何か?を分かっていただけるように工夫しております。

キャッシュレス丸わかりガイド

sss

キャッシュレスとは何か?

キャッシュレスとは、文字通り現金以外の方法でお金の支払いをすることです。

キャッシュレスと一口にいっても、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済というように、決済手段は多岐にわたります。銀行振込も広義に見れば現金を使わないのでキャッシュレス決済の一つといえそうです。

<支払いのタイミングの違い>

  • 前払い(プリペイド)
  • 即時払い(リアルペイ)
  • 後払い(ポストペイ)

この3種類があります。プリペイドカードや事前にチャージが必要な電子マネー・交通系ICはプリペイド。決済時に銀行口座から直接払いされるデビットカードはリアルペイ、クレジットカードのように後で精算するものはポストペイと呼ばれます。

 

<お店での処理方法の違い>

  • カードを読み取ってもらい決済
  • 専用端末にタッチして決済
  • アプリやバーコードをレジで読み取ってもらい決済
  • QRコードをスマホ(カメラ)で読み取って決済

このように支払い方法(処理方法)もいろいろです。クレジットカードのようにカードを専用端末に差し込む(通す)ことで決済をするタイプもあれば、電子マネーや交通系ICカード等は専用端末に近づける(軽くタッチする)ことで決済できます。

最近普及しつつあるスマホアプリを利用した決済はアプリの画面上に表示されるバーコードを読み取ってもらったり、あるいはスマホカメラでお店が用意しているQRコードを読み取って決済することも多いです。

 

キャッシュレスの基本を知り、自分にあったキャッシュレス決済を選ぶ

キャッシュレス決済というものは、様々な種類がありますが、色々ありすぎてよくわからないし、そもそも自分にキャッシュレス決済があっているかどうかもわからない……という方も多いかもしれません。

以下では、キャッシュレス決済を導入するメリットやデメリット、注意点、種類、なぜ国はキャッシュレス決済を推進しているのか?など、キャッシュレス決済をめぐる周囲の環境を解説していきます。

 

キャッシュレス決済を使うメリットはどこにある?

キャッシュレス決済という手段があることはわかりますが、実際に消費者がキャッシュレス決済を導入するメリットというのはどのような所にあるのでしょうか?キャッシュレス決済を使うメリットを考えていきたいと思います。また、同時にキャッシュレス決済を利用するデメリットや注意点もまとめて紹介します。

>>キャッシュレス決済を使うメリットはどこにある?

 

キャッシュレス決済の種類と特徴をまとめて比較

キャッシュレス決済の種類と特徴をまとめて比較していきます。実際に提供しているサービスとしてではなく、おおまかなくくりとして、それぞれのキャッシュレス決済がもっている特徴を比較していきます。

クレジットカード、交通系ICカード、電子マネー(流通系)、スマホのタッチ決済、QRコード決済、デビットカードなどあなたのライフスタイルやお買い物などにあったキャッシュレスはどれでしょうか?

>>キャッシュレス決済の種類と特徴をまとめて比較

 

なぜ、国はキャッシュレスを普及させようとしているの?

日本のキャッシュレス決済比率は2015年現在で18%。キャッシュレス決済比率自体は年々増加傾向にあるものの、米国の45%、中国の60%、韓国の89%と比較して低い数字です。国は「キャッシュレス・ビジョン」を策定し、キャッシュレス化を推進していくことを目標としています。

2019年の消費税増税においてはキャッシュレス・消費者還元事業としてキャッシュレス決済をした人に国の負担でポイント還元まで行っています。国はなぜキャッシュレスを普及させようとしているのでしょうか?

>>なぜ、国はキャッシュレスを普及させようとしているの?

 

お店とキャッシュレス決済

キャッシュレス決済について、消費者(お金を使う側)ではなく、お店(お買い物をしてもらう側)としても導入を検討している方も多いかもしれません。以下では、事業者の方がキャッシュレス決済を導入すべきかどうか?に役立てる情報を紹介していきます。

 

キャッシュレス決済を導入するお店のメリット、デメリット

ユーザーとしての立場だけでなく、キャッシュレス決済を普及させるにはモノやサービスを販売する「お店」側がキャッシュレス決済のシステムを導入する必要があります。これらの決済システムは無料というわけではなく、お店には導入費用や決済手数料(加盟店手数料)などのコストが生じます。
こうしたコストを支払ったとしてもキャッシュレス決済システムをお店は導入すべきでしょうか?キャッシュレス決済を導入するお店側のメリット、デメリットを考えていきます。

>>キャッシュレス決済を導入するお店のメリット

 

aa